「整体」と「しんそう療方」

前回は「整体」について説明させて頂きました。

今回は「整体」と「しんそう療方」について書かせて頂きます。

1. 「整体

「整体」についてですが、整体とは字のごとく、「体を整える」ものです。しかし、全部ではありませんが、ほとんどの整体院が、症状の出ている所を中心にボキボキ、グイグイやって、「はい、整いました」ということをしているようです。その時は良くても数日後にまた悪くなるという方や、「逆に痛くなった」という方もおられるようです。それでは施術を受けた意味がありませんね。

imagesN8QFW0BG

「どうしてそのような事が起こるのか?」それにはちゃんとした「理由」があります。

最近、雑誌や本などに「ゆがみを直せば~」「骨盤のゆがみが~」「肩甲骨のゆがみを~」と「ゆがみ」という言葉をよく見かけるようになり、世間の理解に「体の不調はゆがみが原因」「ゆがみを正せばやせる」という考えが浸透してきています。で、整体業界も「ゆがみをなおせ」とばかり骨盤矯正やらなんやらと「ゆがみ商売」がまん延しています。

 

そのこと自体は悪いことではありません。確かに、骨盤はずれているし、肩の高さは違っており、頭の位置もゆがんでいます。そしてゆがみが原因で色々な症状を引き起こすのも事実です。問題は、そのゆがんだ体を「無理やりグイグイやって修正する」といういかにも原始的なやり方をとっていることです。無理やりするから、「また戻る」し、「余計に痛くなる」のです。「どうしてあなたの体はゆがんだのか?」が分かってないまま施術をしているからこういうことになるのです。ではなぜ、からだはゆがむのでしょうか?

私たちの体を形作っているのは、「骨(ほね)」です。頭、背骨、胸、腕(手)、骨盤、足の「骨」です。ゆがみとはその骨がずれたり、傾いたり、ねじれたりしている状態のことを言います。例えば、背骨がずれると、首、腰の痛みや、胸苦しさ、吐き気、息がしづらいなどの症状が出てきます。また、内臓の働きも悪くします。それだけ背骨は大事な所です。そこで、ずれた骨を戻すために、「背骨の矯正をする」のですが、それが間違いのもとなのです。

 

筋骨格3

「骨は勝手にずれたりはしない!」のです。骨の模型を見たことがあるでしょうか?想像してください。あの白い骨の模型、勝手に動きませんよね?模型の腕を動かそうとしたとして、誰かが模型の腕をつかんで動かしました。骨の模型の腕が上がりました。そうなんです。なにか他の助けがないと、骨は動けないのです!そのなにかとは?それが「筋肉」なのです。背骨にも沢山の筋肉がくっ付いています。その筋肉のおかげで、おじぎをしたり、反ったり、後ろを振り向いたりできるのです。筋肉のおかげで体が動くのです。また、ただ立っている、座っているといった動いていない時でもバタンと倒れないのは筋肉によって体が支えられているからなのです。その骨を支える筋肉のバランスがおかしくなると、骨は傾き、ゆがむのです

2. 「しんそう療方」 

しんそう療方は、そのバランスを崩した筋肉に修正プログラムをインプットする施術なのです。筋肉のせいで体はゆがんだのだから、筋肉を正さないといけないのです。骨だけ触って、その場は良くなっても、元の筋肉がそのままである限り、またゆがむのです。そこに「また戻る」&無理矢理グイグイやって「余計痛くなる」原因があるのです。ここが他の整体としんそうの決定的な違いです。

といっても、しんそう以外にも、きちんと筋肉のバランスをみている整体院もあるでしょう。ゆがみを治したいとお思いの方は、是非、筋肉のバランスをみてくれる整体院をお探しください。

 

腰痛、肩こり、頭痛、膝痛に

神戸市北区 ほんとうの整体 しんそう神戸山の街駅前  トップページへ

神戸市北区緑町1-1-11 078-219-6651
火~土 9時~21時(日・月定休)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!