3分で出来る!簡単ゆがみのチェック方法3つ

1.背中で握手する

KIMG1876  KIMG1877

右手は肩の方から、左手は脇の下から背中に手を回し、「背中で握手」が出来ますか?
次に上下の手を変えてやってみて下さい。
どちらか片方が「握手出来ない」または「やりにくい」方は上半身にゆがみがあります。

2.足の裏を合わせて座る

KIMG1879

床に腰をおろし、あぐらをかくような格好をし、両足の足の裏を付けてみましょう。
この時、左右の足で、「床からの膝の高さに違いがある」または「足の付け根に痛みがある」という方は下半身にゆがみがあります。

3.足を横に投げだして座る

KIMG1880 KIMG1881

正座の状態から、足を崩すような格好で足を右にずらしてみましょう。
次に同じく正座の状態から足を左に崩してみましょう。
この時、どちらか「やりにくい方がある」または「膝、股関節が痛い」方は下半身にゆがみがあります。


上半身のゆがみから来る症状例
肩こり、(片)頭痛、頭重、めまい、腕の痛み、しびれ、肘の痛み、顎関節、目の奥の痛み、ドライアイ、胸くるしさ、アトピー、背中(肩甲骨)の痛み、首の痛み(コリ)、胃の不調、自律神経失調、不定愁訴(なんとなくだるい、重い、つらい)など

下半身のゆがみから来る症状例
腰痛(ヘルニア、狭窄症、すべり症)、坐骨神経痛、股関節痛(違和感)、膝痛(変形性膝関節症)、足首の痛み、生理痛、生理不順、不妊、下痢、便秘、むくみ、など

上記症状でお困りの方、または「私の症状、もしかしてゆがみが原因?」と思われた方は、当院にご相談ください。きっと「連絡してよかった。」と思って頂けると思います。

 illust4331 

078-219-6651

    imagesP0O9E52Tスマホの方は

ワンタッチでかけれます

 

料金&営業案内

姿勢に注意!自分でできるゆがみの改善

ほんとうの整体 しんそう神戸山の街駅前


「肩こり」「腰痛」「頭痛」で悩みの方

神戸市北区の「しんそう神戸山の街駅前」では、体の「ゆがみ」が原因で、頭痛や肩こり、腰痛に発展していると考えています。

この、「ゆがみ」(左右非対称になった体)を元に戻すことで、自然治癒力を利用して症状の改善を図ります。

また、「ゆがみ」を施術で改善すると、腰の痛みも改善したとご相談に来られた方からも喜びの声をいただいております。

※改善には個人差があり、全ての方に当てはまるものではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加